子どもの笑顔へ強い意志

 先日、印南町で女優藤原紀香さんを招いての講演会が開かれた。藤原さんは父の出身地など印南町にゆかりがあり、先祖の墓や多くの親戚がおり、過去にも何回か来町しているという。今回の講演もそういった縁で実現。大女優の来町というだけあって体育センターには1000人が集まった。
 講演では藤原さんが過去に訪れたアフガニスタンやカンボジアなどで感じたことを写真を使って説明。特にアフガニスタンは、紛争後の危険な状態。広大な土地に石が2列に並べられており、幅は2㍍程度。これは石の間だけが地雷の心配がないということ。石の外側にはどこに地雷があるかわからない。また2㍍と細いため車同士対向する際にはどちらかが外に出なければならず、道中には地雷を踏んで大破した車があったという。思っていた以上に危険な場所で、女優として成功しながらも自らこういった危険地域に赴く藤原さんの「子どもたちを笑顔にしたい」という強い意志を感じた。
 講演の中で印象的だったのは、藤原さんが芸能界を目指したきっかけ。阪神淡路大震災の際に、多くの著名人が支援に訪れた。その様子を見て「有名人が現場に来ればテレビや新聞などのメディアが集まり、それを見た人から支援が集まる」と気付き、モデルとして活動を始めたという。社会貢献を目標に芸能界を志し、成功を収めたあとも初心を忘れず危険地域での慈善活動を献身的に行う姿には、尊敬の念を覚える。最後に「今回の話を他の方に伝えてもらうことだけで、大きな協力となります」と呼びかけていた。世界中の悲惨な子どもの現状を紙面を通じて少しでも伝え、微力ながら協力したい。  (城)

関連記事

フォトニュース

  1. 山も車両も気をつけましょう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る