健康寿命アップへ〝貯筋〟

 1カ月ほど前から、4時間ほど眠ると腰の痛みで目が覚める。その後は、腰が反り返ると痛いので仰向けやうつ伏せは避け、横向きになって猫背の体勢で目をつむる。そんな日々が続いている。ある日、右足首を捻挫したので接骨院で腰も診てもらったところ、「腰の筋肉がガチガチ。治るまで相当かかるよ」と院長。日々の姿勢や生活習慣などからの筋肉の硬直が原因だが、腹筋も含む足腰周辺の筋力の衰えも影響しているようだ。
 歩く際、腰に負担がかからないよう前かがみになり何だか年を取った気分。筆者は40代だが、願わくばいくつになっても健康で自立した生活を送りたいものだ。少し調べてみると、いざというときのためにお金の「貯金」と同様に筋肉にもゆとりが必要で、筋肉を蓄えておくこと、つまり「貯筋」が重要だそうだ。入院やけがで筋力が低下した場合、完治した際、筋肉に蓄えがあれば、日常生活に戻ることはできるが、蓄えがないと、寝たきりになることもあるという。「備えあれば憂いなし」は筋肉にも言えるようだ。
 先日、日高川町で貯筋体操の体験教室を取材した。加齢によって衰えているバランス力と筋力が復活する体操で、足腰を強化することにより転倒や骨折予防にも効果があるという。この日は、40代や50代の主婦らが日本体育協会公認のスポーツ指導者のレッスンでエクササイズ。スクワットのようにひざを曲げたり、つま先立ちするなど簡単な運動で楽しく汗を流していた。「記者さんもどうですか」と誘われ、腰痛緩和へ体を動かしたかったのだが、取材のあとに所用があったのでできなかった。機会があれば、参加したいと思っている。健康寿命のアップへ、「貯筋」をしておこう。       (昌)

関連記事

フォトニュース

  1. 水をまいたら涼しくなるよ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る