津波マップの有効活用を

 巨大地震対策で新たなハザードマップ作成に向けた御坊市の後期ワークショップが先月下旬までに終了。参加者から出された意見を参考に今月末までにマップを完成させ、5月か6月に全戸配布。今後、各地域や家庭での避難に役立つマップとなる。
 担当課によるとワークショップではさまざまな意見が出された。そんな中でマップ上に津波の浸水エリアだけでなく、津波到達時間や避難場所の高さ、収容人数、避難の時間などさまざまな情報を載せてほしいという要望があった半面、いろんな情報を載せるとごちゃごちゃして見にくいとの指摘もあった。これらの意見を基にどうマップを作成していくのか、悩ましいと職員が漏らしていた。
 筆者としては最低限の情報だけでもいいのではないかと思う。例えば浸水エリアと避難場所だけにするとか。不親切極まりないと言われそうだが、それ以外の避難にかかる時間や避難場所の収容人数、津波到達時間などは、実際に足を運んで確認したり、市や県に聞いたり、ホームページで見たりすれば分かる。それを自分たちですることが危機意識の向上や訓練、各地域の実情に合わせた対策にもつながるのではないだろうか。
 実際、完成品のマップにはある程度の情報が載せられるようだが、筆者が言いたいのは「自分の安全は自分で守る」という意識を持つこと。当然、行政から配られたマップがあれば安心というわけではなく、自分たちでさらに研さんを深めることが大切。そんなことを言われなくても、御坊市ではすでに積極的に防災に取り組んでいる地域が多く、新マップも有効に活用されると期待している。     (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. モチーフはヤタガラス

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る