もがく人を見放さないで

 平成10年に急増して以来、3万人を超え続けていた国内の年間自殺者がおととし、15年ぶりに2万人台に減少した。昨年も2万7195人で2年連続3万人を割り、4年連続の減少。例年、月別では企業が決算期を迎える3月に自殺者が増える傾向にあり、ことしも3月は自殺対策強化月間として、自治体などが啓発活動を展開している。
 自殺は過労や多重債務、介護疲れなどさまざまな要因が絡み合い、追い込まれた末の選択。多くはうつ病やアルコール依存など精神的な病気もあるといわれるが、周囲の人がその苦しみに気づき、病院や専門家につなぐことで防ぐことができる。
 日本人は誰でも、病気や経済的な理由で苦しむ人をみれば、「かわいそう」「助けてあげたい」と思う。それが友人、親類であればなおさら、自分の家族のような気持ちで救いの手をさしのべる。しかし、当事者の状態が上向くまでには時間がかかることも多く、支援する側がつい口にしがちな「頑張ろう」という励ましは逆に追い込んでしまうことにもなるため、支援する側の同情はやがて怒りに変わり始める。
 「なぜできないのか」「なぜ分かってくれないのか」。人を助けようと必死で伸ばす手を、相手はしっかりつかんで這い上がってきてくれない。依存症の場合は健全な判断力、自制心を失い、一般的な常識が通じないことに疲れがたまり、「もう勝手にしな」と冷たく突き放すような言葉も出てしまう。
 こんなにもやさしい日本人が、やさしさのために傷つき、疲れてしまっている。支援する側は気負わず、テキトーに抜きながらも、暗闇の中でさみしがっている人を決して見放さないで。回復が目に見えずとも、つながりを保つことが大きな救いとなっている。   (静)

関連記事

フォトニュース

  1. 御坊で会いましょう!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る