中村県議が医大の医師派遣対応を批判

 国保日高総合病院透析センターの常勤専門医が田辺の紀南病院へ転勤となり、昨年9月から非常勤医師による週3回の交代勤務となっている問題について、御坊市選出の中村裕一県議が5日の議会本会議で県立医科大の対応を厳しく批判した。
 中村議員によると、県立医科大の腎臓内科学講座は紀南病院の透析科常勤医3人のうち1人が欠けたという理由で、日高病院の唯一の常勤専門医を紀南病院へ異動させ、日高病院には非常勤の医師3人を月水金曜に派遣。日高地方では現在、日高病院など4つの医療機関で人工透析が行われており、合併症など重篤患者が発生したときは総合病院の日高病院が対応することになっているが、今後、そのような事態が起きた際に専門医がなければ受け入れることができない。
 中村議員は「昨年末、医大の腎臓内科学講座に患者団体が1200人以上の署名を添えて常勤医師の派遣を嘆願したところ、『中紀の重篤患者は紀南病院へ、和歌山市北部の重篤患者はりんくう医療センター(大阪)へ行くように』との説明があったという。このような重要な決定が医大の医局だけの都合で行われたことに憤りを感じ、和歌山市北部の県民に大阪へ行けとは聞き捨てならない。こんなことがまかり通るのであれば、地域医療計画はいらない。医師派遣は本年度から地域医療機関医師適正配置検討委員会で行い、知事は困難なときは自ら乗り出して調整するといっていたが、果たして機能しているのか」と医大の対応を批判した。
 仁坂知事は「『大阪へ行け』といった人がいるという話は注意をしなければいけない。県の見解とはまったく違う。医大全体の医師が足りないなか、他の大学にも手を回して、私も含め、県が中心となって必死で医師を探し、なんとかつないでいるというのが現状」とし、「ご指摘の腎臓内科も数が足りず、田辺の1人引退を受け、拠点化として日高の医師を田辺に持っていった。議員ご指摘のような事態にもちゃんと備えなければいけないので、日高は非常勤の方も集めて対応している。今後もしばらく苦難は続くと思うが、特定の地域が割を食わないよう、地域の目配りをしながら頑張っていきたい」と理解を求めた。

関連記事

フォトニュース

  1. 皆さん、頑張ってください

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る