目標を立て、努力する

 米大リーグ、アトランタブレーブス国際スカウト・スーパーバイザーの大屋博行さん(48)が先日、由良町を訪問し、紀州由良シニアのナインに野球指導を行った。将来の球界を担う選手の野球指導には長年、スカウト活動の傍ら取り組んでおり、紀州由良シニアとの関係も16年ほどになるそうだ。プロのトップレベルやダイヤの原石を間近で見続けている人からいろいろな話を直接聞ける機会は、めったにない。子どもたちだけでなく野球ファンの筆者にとっても有意義な時間だった。
 10代の時にアメリカで野球経験がある大屋さん。指導の最中には「サイコー」「ナイス」などと大きな声を出し、子どもたちをやる気にさせるのが大変うまい。この日は投球指導がメーンで、ステップの仕方、腕の振りなどでアドバイスを送り、子どもたちも熱心に聞き入っていた。
 1時間半ほどの滞在で、一番印象に残ったのは野球に対する取り組み姿勢の話。「プロ野球選手になりたい人」と問われてほとんどの子どもたちが挙手する中、「何かになりたいと思ったら、絶対にその気にならないとだめ」と目標を持つことの大切さを訴えた。その上で、「常に練習では限界までやること。すべてにおいて好奇心を持って、目標を立てて、努力をすること。その一歩一歩の積み重ねがプロ野球選手に近づいていく。人に勝つためにはまず自分に勝とう」と呼びかけた。
 プロ野球選手や甲子園に出場した選手たちを数多く取材してきた。その選手たちの共通点は、早くから目標を定め、その目標に向かって努力を欠かさなかったことだろう。春は始まりの季節。中学校、高校に進学して何かを始めようと思う人たちに参考にしてもらえればと思う。 (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. 吉兆!? これは珍しい

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る