日高看護専門学校 31日に竣工式

 御坊市外五ケ町病院経営事務組合(管理者・柏木征夫市長)が、日高病院敷地内で進めていた日高看護専門学校新築工事が完成。31日に竣工式、4月10日に開校式と入学式を行う。いずれも午後1時半から。1学年40人の3年課程で、第1期卒業生が誕生するのは29年春となる。深刻な問題となっている看護師不足解消へ大きな期待がかかる。
 校舎は延べ床面積3676.64平方㍍の鉄筋コンクリート4階建て。普通教室や職員室、基礎看護実習室、情報コンピューター室、在宅実習室、学生ホールなどを設けている。工事は、建設用地となった日高病院の旧診療・管理棟の解体を含めて24年11月から進めてきた。現在は茶色のタイル張りの外観が姿を現しており、内装や電気設備の工事も完了。開校に向けて備品の搬入を行っている。また、すでに第1期生の入学試験は終了しており、地元枠15人、一般枠19人、社会人枠6人の計40人が入学見込みとなっている。
 同病院ではかねて看護師不足でベッドの休床を余儀なくされるなど、看護師の確保が大きな課題となっており、待遇改善や院内保育所の開設などで働きやすい環境整備に努めている。看護学校の建設も、地元で看護師を養成して地元で働いてもらうのが狙いで、22年1月、中村裕一県議が発起人となった第1回看護問題懇談会で地元への看護学校設立が提案され、進められてきた経緯がある。日高地方には以前、和歌山病院に看護学校があったが、いまは有田、日高の紀中エリアにない状況となっていた。
 新築工事の設計は3357万9000円で和歌山市の㈱岡本設計(坂本暁史代表)、施工は8億2563万6000円で和歌山市の㈱フジタ和歌山営業所(木下昌英代表)。

関連記事

フォトニュース

  1. スクラムが大事

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 第23回日高町ふれあい祭

    11月 16 @ 12:00 AM - 11月 17 @ 12:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る