ことしの花粉はやや多め

 少しずつ暖かくなり、春の気配を感じるようになった。同時に花粉のシーズンも到来したようだ。花粉症の筆者は数日前から鼻水と目のかゆみに悩まされている。鼻が詰まると頭も働かなくなり、ボーっとしてしまう。同じように悩まされている人も多いだろう。
 一般財団法人日本気象協会の「2014年春の花粉飛散予測」によると、ことしの飛散量は九州から近畿地方のほとんどの地域で例年と同じかやや多いとのこと。花粉の飛散量は、多い年と少ない年が交互に現れる傾向があり、2013年が多かった分、それに比べるとことしは少なくはなるらしいが、例年と比較すると和歌山は110~150%とのことだ。
 花粉症については個人個人、いろんな対策をとっていると思うが、筆者は数年前からヨーグルトを食べるよう心がけている。花粉症に悪影響と言われている油分が多いものやアルコールなど、控える方はなかなか続かないが、摂取するだけなら割と続く。ヨーグルトに含まれるビフィズス菌が花粉症などのアレルギー作用を緩和させるとのこと。多くの銘柄があったり食べる頻度など、100%全員に効果が出るものではないと思うが、筆者には一定の効果があり、ことしも少し前から始めている。
 ただ完全に防げるわけではないので、結局はマスクを着用したり、薬も必要になるだろう。また、これまで花粉症でない人もことし発症する可能性もあるので油断はできない。とくにことしは花粉だけでなく、黄砂やPM2・5も飛散しており、健康への影響も心配されている。やはりマスクの着用など、対策するにこしたことはないだろう。    (城)

関連記事

フォトニュース

  1. 花言葉は「楽しい思い出」

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る