縫箔師の川﨑さん 粉河祭だんじりの幕修復

 御坊市御坊出身の縫箔師(ほうはくし)、川﨑順次さん(40)=兵庫県洲本市=が、紀州三大祭と言われる紀の川市、粉河祭のだんじりの水引幕を修復。このほど完成し、所有元の中町地区に納品した。
 文化庁の補助事業「紀の川市文化遺産活用観光振興地域活性化事業」の一環で修復。水引幕はだんじりを装飾する刺しゅう幕で、前後左右の4枚をつなぎ合わせると縦1・45㍍、横8・5㍍になる。図柄は、源氏と陸奥の安倍氏が戦った前九年の役(1051年~1062年)の名場面。兵のために岩間から清水を湧き出させた源頼義、13歳で出陣した安倍千世童子の勇姿、矢が目に刺さったまま敵を追う鎌倉景政、源義家が敵の安倍貞任と歌を交わす「連歌乃図」=写真=が描かれている。
 明治20年代の製作で老朽化が進み、過去3回粉河祭の祭礼具の刺しゅうを手掛けている川﨑さんに依頼。昨年8月から作業に取り掛かり、7カ月かけて完成させた。特に傷みの激しかった人物のよろいや衣装は明治期の縫い方を参考に修復。湧き水や砂など背景はすべて新調で、もとの幕から下絵を写し取って再現し、新調部分が目立たぬよう工夫した。この道18年の川﨑さんにもこれまで手がけた中で最大級の刺しゅう幕だったという。「大きくて苦労しましたが、故郷和歌山の貴重な文化遺産の修復に携わることができてうれしく思います。これからも伝統の技を後世に伝承することに努めたい」と話している。真新しく生まれ変わった水引幕は7月26日宵宮、27日本宮の粉河祭でお披露目される。
 川﨑さんは大阪のデザイン学校卒業後、淡路島の刺しゅう工房で15年間修行を積み、3年前に独立。現在、祭礼用太鼓台刺しゅう製作販売の紀繍乃(きしの)やを経営している。これまで日高地方の祭礼でも御坊祭下組、土生祭千津川の天幕など手掛けている。

関連記事

フォトニュース

  1. こらこら、やめなさいっていうの!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る