ダムを過信するな

 平成23年秋の台風12号で流域被害を大きくした日高川の河川環境について調査研究を行ってきた立命館大学の教授2人が、日高川町の市木久雄町長や町職員、議員ら約40人に研究結果を報告した。報告を聞いて、椿山ダムや防災対策のあり方などさまざまな点であらためて考えさせられた。
 研究は大学と町の共同事業で、筆者が説明を聞いたのは里深好文教授の研究結果。データ解析等から、台風時に大量の水を放流した椿山ダムについては「貯水容量が小さすぎた」と指摘。ダムの運用規則見直しについて「見直しすれば安全なんて恐ろしくてとても言えない。ダムの容量を増やさない限り、同じような雨で同じことが起こる」と強く訴えたのが印象的だった。ダムを過信するなという警鐘だ。
 防災対策のあり方は「バランスが大事」と力説し、「ハード対策を進めるほど住民生活は不便になる」と弊害を紹介。何十年かに1度の災害に備えてどの程度防災工事をするのか難しいところ。肝心要のダムが小さいなら、大量の水を放流できるよう川幅を広くするのか、堤防を高く強化するのか。実施すれば防災面は強化できても、土地提供など住民は犠牲を払わざるを得ず、生活空間も狭くなる。里深教授はこの点も踏まえてソフト対策が不可欠であるとし、注意点として上流と下流の自治体が連携を密にすること、役場だけでなく地域でリーダーが必要なこと、生きるか死ぬかのギリギリの避難を繰り返さないことなど訴えた。あくまで研究結果は教授らの見解であるが、これらのことも町での防災対策に生かし、職員・議員らが住民に今回の話を伝え、地域でも役立つようにしてほしい。   (昌)

関連記事

フォトニュース

  1. おにぎりはやっぱり梅!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る