日高新報杯サッカー サザンクロスがV5

 日高サッカー協会(出口康男会長)主催、本紙協賛の第18回日高新報杯少年サッカー大会が1、2の2日間、御坊総合運動公園多目的グラウンドで開催され、Aクラス(U―12)、Bクラス(U―11)ともに日高ブロックの12チームずつが激突。小雨もなんの、熱い戦いを繰り広げ、Aはサザンクロスが2年ぶり5度目の栄冠を手にし、塩屋が準優勝だった。Bは由良が制し、アルテリーヴォ湯浅がこれに続いた。
 両クラスとも初日に予選リーグ、2日目に決勝トーナメントを行った。
 Aクラスは準決勝でサザンクロスが由良を2―1、塩屋はレグラス有田を0―0からPK(3―2)で下し、決勝へ進んだ。優勝をかけた一戦は前半早々、サザンクロスの前田弥がミドルシュートをたたきこんで先制。9分には松崎が中央から2点目を奪い優位に進めると、後半10分にも高田がドリブル突破からゴールを決めて勝負あり。3―0でチャンピオンに輝いた。サザンクロスは前身の印南少年を含めると9度目の優勝。上山勝士監督は「ボールをしっかり動かしてサザンクロスらしいサッカーができた。みんな自分たちの力を出し切ってくれた。中学校へのいいステップになりました」と喜びのコメント。塩屋も再三ゴールを脅かすなど点差を感じさせない手に汗握る戦いを演じたが、一歩届かなかった。野村英雄監督は「6年生最後の大会で選手一人一人のモチベーションが高く、楽しい試合を見せてもらい、いい思い出になりました」と笑顔で話していた。3位は、レグラス有田が由良を下して入賞した。
 Bクラスは準決勝で由良がエストラッサ湯川を6―2、湯浅が藤並を3―0で下して決勝で激突。決勝にふさわしい一進一退の攻防は、前半8分に由良が中央から先制ゴール。その後も互いに攻め合ったが、結局これが決勝点となり、1―0で粘る湯浅を振り切った。神田歳治監督は「日頃やってきた練習の成果を出せた。優勝が次につながる自信になったと思うので、これからもっと練習を重ねたい」と新チームでの勝利に手応えを感じていた。エストラッサ湯川が3位だった。優勝、準優勝メンバーは次の皆さん。
 【Aクラス】サザンクロス=上山勝士(監督)、児玉吏駆、宮本逸生、高田颯汰、前田弥久斗、松崎綾景、前田大翔、古川健人、玉置健人、芝峰悠真、中家正翔、木下健佑、北村優弥、芝智哉、上山光祐、佐伯幸史朗、伊藤柊也、東紋秀 塩屋=野村英雄(監督)、秋山拓、福原安里那、田村尚也、坊一真、堀田虎那、岩城温貴、若林航介、花光帆乃華、岩城愛士、若林隼斗、北岡壱星、竹中涼太、伊藤怜央、栗原蒼太、藤原歩土【Bクラス】由良=神田歳治(監督)、越智絢也、大井颯亜、片岡拓己、伊藤さやか、木村太紀、高台大志、向井啓吾、洲﨑一誠、伊藤陽翔、川口大翔、大尻篤史、松本隆義、大尻貴史、山野夏帆、羽山北斗 アルテリーヴォ湯浅=松下正之(監督)、小松良佑、西原葵、松岡将輝、竹中陸、白水裕也、岩本七海、大和杉翔、中井渉太、松井歩夢、東野央佳、太田悠斗、栩野皓成、上野山昂憲、御堂郁斗、金丸達哉

関連記事

フォトニュース

  1. 水をまいたら涼しくなるよ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る