印南で藤原紀香さんが講演

 女優藤原紀香さんの講演会(印南町人権教育講演会)が28日、印南町体育センターで開かれ、町内外から1000人が来場。アフガニスタンやカンボジアでの支援活動のほか、印南町についても「印南町はふるさと。小さいころは切目川で泳ぎました。親戚もよーさんいます」と話し、会場を沸かせた。
 印南町西ノ地出身の歌手Shinoさんが司会を務め、対談形式で行った。藤原さんは海外などでの活動の写真を映しながら、内紛後に訪問したアフガニスタンで知った地雷の恐ろしさについて「対人地雷は人の命を取るものでなく、目や足、手などのみにダメージを与え恐ろしさを思い知らせようという兵器です」と説明。一日に何百人も足などをなくしたこと、毎晩義足が痛むと泣く3歳児、日本の進んだ医療技術でなくした足を治してほしいと願う子どもなど地雷の被害について話し、現地の学校ではパズルを使って爆弾について教えていることも紹介。「教育を受けられない子は自分を守ることができない」と、子どもたちのためにチャリティー金を集めて学校を建設する取り組みを始めた経緯を語った。このほかカンボジア、ツバル、東日本大震災での活動の様子も紹介し、「皆さんも活動にご協力お願いします。きょう聞いた話を他の方にも話してください」などと呼びかけた。また、和歌山については「両親の出身地で、帰ってくるとほっとします。下積み時代にはいつも白米と和歌山の梅干しを食べて過ごしました」などと話し、観客を楽しませていた。

関連記事

フォトニュース

  1. 主産地は平年並みです

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る