日加修好85周年と新ドラマ

 勤務時間の関係上ちょうど見られない時間帯なので、NHK朝の連続テレビ小説はもう長らく見たことがないが、今月31日からの新作「花子とアン」は録画してでも見てみたいという気持ちが少し動いている。
 
 少女向けの本より少年探偵団シリーズなどミステリーや冒険物が好きな子ども時代を送ったが、「赤毛のアン」シリーズは例外的に気に入ってよく読んだ。直接の理由は食べ物の描写が大変魅力的だったからで、「まっかなゼリーをはさんだ、黄金の泡のようなレヤーケーキ」など幾つかの表現を今でも覚えている。もちろん物語自体の面白さはいうまでもない。少女の成長を描くというだけでなく、第1次世界大戦にまで至る骨太のストーリーだ。
 ことしは日加修好85周年だという。1929年、日本にカナダ公使館が置かれた年を基準としているが、当地方のカナダとの縁はそれより40年以上も古く、1888年、三尾村出身工野儀兵衛のカナダ渡航にさかのぼる。筆者の祖父も終戦数年後まで単身カナダで暮らした。幼い筆者にサンデー、マンデー、テケツ(チケット)など簡単な英語を教えてくれたのを覚えている。
 自身と関わりの深い国でありながら、考えてみるとこの国については雄大な自然と特産のメープルシロップ、「赤毛のアン」以外のものはあまり知らない。調べてみて、各国の移民を受け入れてきた歴史ゆえか「多文化主義」を掲げる懐の広さなど美点を幾つも知った。
 5年ごと、10年ごとの周年行事は、そのものへの関心を呼び覚まし、新たな発見を促すきっかけとなる。日本中に愛すべき少女「アン」を知らしめた翻訳者村岡花子の物語から、あらためて発見の喜びが味わえればと期待している。    (里)

関連記事

フォトニュース

  1. 涼しげでいいですね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  2. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  3. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  4. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…
  5. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  ホラー、怪談、恐怖小説、怪奇小説、スリラーなどいろいろ類語はありますが、私はやっぱり日本古来の怪談…
  2.  代表作の「青の炎」や「悪の教典」で今や誰もが知っている人気のホラー作家貴志祐介。デビューから1年目…
  3.  ひとりかくれんぼとは、もともと関西・四国地方において、「コックリさん」と共によく知られる遊びであっ…
  4.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  5.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
ページ上部へ戻る