3年間で変わったことは

 先日、印南町の切目小学校で防災学習会があり、6年生が全校児童の住む家が津波浸水区域かどうか、近くの避難場所、逃げるのにかかる時間など1年間かけて勉強した成果を発表した。筆者は別の取材で聞けなかったが、参加した保護者の話では、誰がどこへ避難するべきか、非常に分かりやすかったという。JRの高架下は崩れる可能性があるので通らず、普段は通学路として認めていないJRの踏切を通って逃げることの必要性も強調した。地区ごとに分かれたワークショップでは、1年生も分かるように丁寧に指導した。児童たちが自ら津波避難マップを作製することにより、地域の実情が分かるのと同時に、下級生に受け継いでいく意識が高まる素晴らしい取り組みだ。形はさまざまだが、各学校では地震・津波対策に熱心に取り組んでいるといえるだろう。
 平成23年3月11日に東日本大震災が発生してちょうど3年になる。津波がまちをのみ込んでいく映像は忘れられず、思い出すたびに津波の恐ろしさを感じさせられる。とはいえ、この3年間で何かが大きく変わっただろうか。前述の通り、学校単位で子どもたちへの防災教育は着実に前進した。しかし、大人はどうか。地域の避難訓練の参加者が増えているとは言い難いところもあるだろう。
 この3年間で県内に津波警報が発令されたこともあるが、実際に避難した人はごくわずかだった。さまざまな訓練も訓練のための訓練になってはいないか。子どもたちが率先避難者となる取り組みは各地で進んでいるが、やはり大人が子どもたちの手本となるべきだろう。3・11の節目に、これまでの3年間を振り返り、何をすべきかを一人一人が考えよう。     (片)

関連記事

フォトニュース

  1. 先輩、ありがとうございます!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る