感動残し閉幕のソチ五輪

 2回連続でソチ五輪について書いたが、いっそのこと3回目を書いて締めくくりたい。テーマは、期待されたメダルではなく思いがけない感動を日本にもたらした、女子フィギュアスケートの浅田真央選手。
 ショートプログラム、最初のトリプルアクセルで着氷時に転倒。以後の演技は精彩を欠き、結果は16位となった。そして迎えた翌日のフリー、最初のトリプルアクセルで軽やかに着氷。ホッとしたようなどよめきと拍手の中、それが呼び水となったように3回転ジャンプを次々にクリアしていった。
 トリプルアクセルは、国際大会で成功させた女子選手が現在までわずか5人という難易度最高の技である。それを含む6種類8個すべての3回転ジャンプを成功させて演技を終えた瞬間、浅田選手は顔をくしゃくしゃにし、涙をあふれさせながら笑顔を見せた。その映像は多くの人の胸を熱くした。観客席では目を赤くした高橋大輔選手らの姿も映し出され、「これが浅田真央です」と実況中継のアナウンサーは叫んだ。
 放心状態にさえ見えたショートプログラム終了直後の映像からわずか一日後の挽回。世界中の人々が注視しているという想像を絶するプレッシャー、前日の失敗の生々しい記憶。それらを超え、全身全霊をかけて孤独な闘いに臨み、打ち勝った。メダル獲得とは違う次元の感動を与えてくれた。
 スポーツにおける本気の勝負は、人が内に秘める可能性を形にして表す。それを見ることは、どの分野にいる人にも力となる。その力が世界を少しでもいい方向へと動かす原動力にならないものかと思いながら、閉会式の翌日、ロシアの隣国でかつてソ連の一部だったウクライナ政権崩壊のニュースを見ていた。  (里)

関連記事

フォトニュース

  1. 先輩、ありがとうございます!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る