心揺さぶる家族の歴史

 「母の実家で、中国で戦死した祖父の従軍日記が見つかったのですが、手書きの字が読みづらく、言葉の意味もよく分かりません。どうか調べていただけないでしょうか」。昨年11月、大阪市の女性からメールが届いた。
 とりあえず、「時間がかかってもよければ」と引き受けた。日記とは、旧陸軍の軍隊手帳のこと。後日、古くなってボロボロの手帳ではなく、全ページを1枚ずつ撮影した写真が送られてきた。
 駆け出しのころからお世話になっている歴史研究家の方に解読をお願いすると、嫌な顔もせず二つ返事で受けてくださった。年内には結果をまとめて返していただいていたが、ようやく先週、大阪へ行って報告することができた。
 女性の祖父は、昭和13年、支那事変が始まって1年もしないうち、山東省の馬頭鎮の南、北労溝(地名は原文ママ)で敵の銃弾に斃れた。享年30。山口県萩市の見島(みしま)という小さな島に妻と3人の娘を残しての無念の死だった。
 尊敬する上官が次々と戦死、交代し、補給もないなか、部隊の士気の衰えを感じながら、おかゆで飢えをしのぐ毎日。その嘆きが最後、次のページは戦友がペンをとり、遺族にあてて祖父の最期が綴られていた。
 死から75年を経て、80歳を過ぎた3人の娘と孫(依頼者)、ひ孫らに初めて、戦場のおじいちゃんの姿が伝わった。残念ながら、本紙記事にはなじまないが、祖国と家族のために戦死された、名もなき兵士の日記にご縁をいただき、大きな経験をさせていただいた。
 来月、満州開拓団として大陸に渡った人たちの家族が、父母らの足跡をたどって中国を訪ねる。戦争を強く生き抜いたファミリーヒストリーは、家族、友人、著名人ならずともすべての日本人の心を搏つ。  (静)

関連記事

フォトニュース

  1. 来年もまた元気で会いましょう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る