きれいな花を咲かせてね

 日高川町和佐の手取城址に25日、地元和佐小学校(玉置芳男校長)の児童らが桜の木を植樹した。
 桜の植樹は約60年ぶり。当時、地元住民らによって約200本が植えられたが、数十本がシカ被害などで枯れてきており、同校育友会が呼びかけた。この日、全児童58人が手取城址保存会メンバーらとともにソメイヨシノ50本、ボタン桜25本の計75本を植樹。スコップで穴を掘って、成長を願いながら1.2㍍ほどの苗木を丁寧に植えた。シカから守るために苗木の周りには4本の竹を打ち込みネットで囲った。1年生の堀江優希さんと小宮颯斗君は「シカに食べられることなく、元気に育ってきれいな花を咲かせてほしい。大きくなった姿を見に来たい」と話していた。
 手取城址は町の指定文化財。城は1352年ごろ、田辺市龍神村付近を治めていた玉置氏の同族、玉置大宣(ひろのぶ)が和佐に進出し、築いたと言われている。その後、10代目の直和まで居城としていた。1585年、豊臣秀吉の紀州征伐に際し、直和は秀吉に味方し、逆に秀吉に抵抗した湯川氏13代目当主で亀山城主の直春によって手取城は落城した。

関連記事

フォトニュース

  1. 御坊で会いましょう!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る