満州開拓団の家族ら中国へ

 約80年前、移民開拓団として満州国に渡った家族を持つ県内の男女11人が3月26日から1週間、当時の開拓団が生活していた中国吉林省を訪問する。昨年10月に放送された満州国で生まれた父を持つ女優を紹介したNHKの番組を通じて、集まった11人。NHKの取材に協力し、吉林省へも2回の訪問経験がある御坊市藤田町吉田の会社員大串斉さん(49)が中心となり、現地でそれぞれの家族の足跡をたどる。
 満州国は昭和7年、日本の関東軍の主導で中国東北部に建国された独立国家。当時の日本政府は、同盟国満州国への移民を推進。移民の総数は27万人とも32万人とも言われており、和歌山からも、近畿一円から送り出された「黒石屯(むら)開拓団」の一員として1000人以上が送られた。20年の日本敗戦により、満州国は消滅。移民団は日本への引き揚げを始めたが、一方的に日ソ中立条約を破棄し、侵攻してきたソ連軍により、多くの死者を出した。
 大串さんの父辰助さん(享年86)=日高川町田尻出身=も12年から満州に渡り、引き揚げ後、御坊の藤田町で生活を始めた。父の死後、戸籍謄本などで父が満州開拓団だったことを知った大串さんは、資料を集めたり、実際に中国を訪問するなどして足跡をたどるとともに、自身のウェブサイトに公開していた。
 NHKが昨年6月、俳優などの家族にスポットを当てる番組で、満州で生まれた和歌山出身の父を持つ女優を紹介。その女優の祖父について調べる際、大串さんのサイトを見つけ、協力を依頼。大串さんは取材に協力し、父の過去の人脈などを伝ってNHKとともに、移民者やその家族らの家庭を回った。取材を受けた家族らから「父や母が満州で生活した場所に行ってみたい」などの要望があったほか、昨年10月の放送後にも同様の問い合わせがNHKにあり、ことし3月に訪中することになった。
 訪問団は11人で、日高地方からは大串さんのみで、ほかは和歌山市や田辺市の人たち。父や母が開拓団だった人が多く、年齢は60~80代、大串さんを除き吉林省へは初めてとなる。現地では訪問経験者の大串さんが中心となって、現地に残されている「和歌山村」と書かれた看板を訪れたり、11人の父や母が生活していた家などを探す。大串さんは「NHKが縁で集まった11人。現地で家族らの足跡を見つけることができれば」と話している。
 大串さんとは親同士が知り合いだったという岩本長子さん(66)=田辺市下三栖=は、「義父母が開拓団だったので、満州での生活や引き揚げのときの悲惨な様子を話してくれていました。一度、どんな場所で生活していたのか見てみたいと思い、参加することになりました」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. まちづくりって難しい?

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る