大雪時の運転に注意

 ことしの冬は、関東甲信越地方などで記録的な大雪が降り、交通などに大きな被害も出ている。去る14日には和歌山県でも大雪が降った。筆者が住んでいる由良町も例外でなく、朝窓を開けると一面銀世界。10㌢程度の雪が積もっており、約30年暮らしているが、こういった大雪は初めてだ。あまりの積雪に驚かされたが、御坊に行く用事があったので、車を出そうとしたが、まずフロントガラスの雪が問題。ワイパーを動かしてもびくともしないので、手で除けて出発。家を出るとすぐに急な下り坂があるが、坂に入ったとたん視界が真っ暗に。車の屋根の雪が滑り落ちてフロントガラス一面を覆ってしまったのだ。その後、手で除けたり水をかけたりしたが、雪は思いのほか重く硬かったので時間がかかった。道路に出ても雪は積もっており、他の車同様わだちに沿ってゆっくり走ったが、国道の車が全く進まなかったので、御坊に行くのはあきらめた。あとで聞いた話では由良~御坊に5時間かかったという。
 道中、雪を屋根に乗せて走る車も少なくなく、大事故などにつながらないか心配だった。また道路が滑りやすい上に、動けなくなった車を降りた人が車道を歩いているなど、何かと危険が多かった。全国的にはマフラーに雪が詰まったままエンジンをかけて、一酸化炭素中毒で死亡したとみられる事故も起こっている。
 雪国の人から見ればこの程度の雪はたいしたことはないだろうが、慣れない地域では思わぬ大事故につながることもある。次に大雪が降るのはいつになるかわからないが、車の屋根の雪を落としたり、ブレーキに気をつけるなど、基本的なことは抑えておきたい。  (城)

関連記事

フォトニュース

  1. は~い!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る