南部LC応援部会 タイガースに梅差し入れ

 南部ライオンズクラブ(生田信行会長)会員で構成する「阪神タイガース応援部会」のメンバー9人は、沖縄宜野座村でキャンプを行っている阪神タイガース球団を訪問し、梅干し約8㌔を差し入れした。「梅干しパワーで、ことしはぜひ優勝をお願いします」と激励し、受け取った球団職員は「紀州の梅干しは疲れがとれる。選手も大好きです」と喜んでいた。
 南部高校出身で元阪神タイガースのエース、上田二朗さん(現野球解説者)を通じて申し入れた。昨年に続いて2回目の取り組み。疲労回復効果のある梅干しを食べて練習の疲れを癒やしてもらうことと、地域産業の梅をPRすることが目的。
 届けた梅干しは、「紀州みなべ梅干協同組合」と「紀州みなべ梅干生産者協議会」でつくったPR用の梅干しパック900個。選手たちが練習しているグラウンドを訪れ、ネット裏の球団事務所で贈呈。生田会長が「梅干しパワーで元気になって頑張ってもらいたい」と球団本部職員の高木昇さんに手渡した。高木さんは「昨年に続いての差し入れ、大変ありがたい。紀州の梅干しは疲労回復効果もあるし、とてもおいしい」と受け取り、投手の岩田稔選手も「みんな喜ぶと思います。ありがとうございます」と感謝していた。
 これまでにもスポーツ選手が梅干しを食べてから好成績を残している実績があり、昨年はみなべ町が提供した梅干しを食べた日本体育大学が正月の箱根駅伝で優勝。サッカーのイタリアセリエAで活躍している長友佑都選手も、自身のブログでみなべの梅干しを食べていることを紹介した。

関連記事

フォトニュース

  1. 特殊詐欺に気をつけましょう!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 大阪空襲の直前に帰郷 印南町山口に生まれ、現在は美浜町吉原(新浜)に住む芝﨑シヅヱさん。父五郎右衛…
  2. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  3. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  4. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  5. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る