スポーツと報道の影響力

 小学1年生の息子が、ラキュー(小さいブロック)という遊び道具を使ってスノーボードで滑る人や長いスキー板を履いてジャンプ台を飛び立つ人形を作って遊んでいた。つい最近までは恐竜などを作っていたのに、あらためてスポーツの魅力、そしてテレビや新聞の影響力の大きさを感じた。子どもたちが努力や感動をどこまで理解しているのかは別にして、鳥のように勢いよく飛んだり、空中でクルクルと回転する姿、また表彰台で見せる最高の笑顔に、かっこよさや楽しさが伝わってくるのだろう。スケートリンクにはいつもより多くの子どもが遊びにきているというニュースにも納得した。この中から将来のオリンピック選手が輩出されるかもしれない。
 連日大きな話題のソチオリンピック。男子ハーフパイプ銀メダルの平野歩夢、男子フィギュア金メダリスト羽生結弦、スキージャンプのレジェンド葛西紀明ら日本選手の活躍はやはりうれしい。メダリストになれるかなれないかで、取り扱いは大きく違う。過去のオリンピックでもそうだったし、当然これからもそうだろう。しかし、メダリストでなくても、記憶に残る選手はいる。女子モーグルの上村愛子もその一人だ。
 これまでの五輪で7位、6位、5位、4位と一つずつ順位を上げ、メダルが期待された今回も4位。筆者が勝手に選ぶ最もメダルを取ってほしかった選手ベスト1位だったというのは余談だが、挑戦し続けた精神力、最後に見せた涙と笑顔は、五輪に出場できなかった選手、いろんな競技で頑張っている選手を奮い立たせたことだろう。筆者も記者として、これからも頑張る選手たちを報じたい。オリンピックにそんな気持ちを強くした。 (片)

関連記事

フォトニュース

  1. モチーフはヤタガラス

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る