おもてなしも思い上がりに

 流行語にもなった「おもてなし」という言葉。先日も、保育園児の茶道体験にお邪魔した際、ホストの先生が「なんのおもてなしもできませんが…」と迎え、すかさず園児の男の子が滝川クリステルをまねていた。
 和歌山県は今年、世界遺産の登録10周年にあたり、来年の国体と高野山開創1200年に向け、観光のゴールデンイヤーともいえる。来月には、県が県内の全タクシー事業者とドライバーを対象に、観光客をもてなす接客講習を開く。
 せっかくの洗練されたおもてなしも、度が過ぎると問題も起こる。たとえば結婚披露宴。新郎新婦が入るタイミングに合わせてのお辞儀、笑顔、音楽、照明、余興、料理…すべて計算して練り上げたプランも、その完璧な演出にこだわりすぎては、ゲストに礼を失することもある。
 ある男性は友人の披露宴に招待され、気分よく酔い、新郎に「キスせぇよ」と軽くヤジを飛ばした。どこの披露宴でも必ず見る光景だが、瞬間、そばにいたスタッフから怒った顔で「それはあとでやりますから」と制止された。
 また、あるブライダル関連の業者は、新郎新婦の依頼で披露宴会場に入ったが、ただ立っていただけで、スタッフに「あなたの立ち居振る舞いがお客様に悪い印象を与えているので注意して」といさめられたという。嘘のような本当の話である。
 感動を追求し、いくら段取りがよくても、細部にこだわりすぎると俯瞰の目が犠牲になる。件の業者も、一事が万事、手前のプランを押し通すため、予定外のリクエストは徹底して排除にかかる。ごく一部ではあるが、組織の柔軟性がなくなり、最上のおもてなしが、最低の思い上がりとなってしまっている好例。おもてなしは、常に大局的な視点を忘れず。 (静)

関連記事

フォトニュース

  1. 傘差しや並進はせんといてね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る