東京で全国梅サミット

 全国の観梅どころが集う第19回全国梅サミットが東京都青梅市で開かれ、みなべ町など加盟の12市町が梅の病気のウメ輪紋ウイルス(PPV)を災害としてとらえ、「被害を受けた梅資源再生のために協力体制を充実し、復興を支援する」などとする宣言文を採択した。首長会議では、各自治体が取り組みや課題などについて意見を交換し交流を深めた。 全国の観梅どころが集う第19回全国梅サミットが東京都青梅市で開かれ、みなべ町など加盟の12市町が梅の病気のウメ輪紋ウイルス(PPV)を災害としてとらえ、「被害を受けた梅資源再生のために協力体制を充実し、復興を支援する」などとする宣言文を採択した。首長会議では、各自治体が取り組みや課題などについて意見を交換し交流を深めた。
 梅サミットは梅を共通の資源とする加盟市町相互の情報交換や人的交流を行い、梅を生かした観光文化の振興と梅関連産業の発展を図ることを目的に加盟市町が持ち回りで毎年開催。災害時の相互応援協定も締結している。今回の開催地の青梅市では、平成21年4月、国内で初めてウメ輪紋ウイルスが発見され、その後に拡大。現在も対策に苦慮しているという。サミット宣言ではウメ輪紋ウイルスについて「被害を災害ととらえ、共通の資源である梅資源の再生に対し、自治体間の連携による水平的な支援を行っていくことを確認した」とし、具体的には「被害を受けた梅資源の再生のため、加盟自治体相互の協力体制を充実し、復興支援する」としている。
 ウメ輪紋ウイルスは梅や桃などに感染し、感染樹は落果したり葉に紋が出る被害が発生する。アブラムシによって媒介されるほか、感染した植物の苗や穂木などの移動で感染が広がる。現在も8都道府県で蔓延を防ぐ懸命な努力が続けられている。県内でも昨年5月に和歌山市で発見され、県は3月に制定したウメ輪紋ウイルスの蔓延防止条例に基づき、ウメなどについて和歌山市から他の市町村への果樹(種子と果実を除く)の移動を制限している。 

関連記事

フォトニュース

  1. いまが見ごろです

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る