観光の可能性を再認識

 「観光は日本の重要な産業の一つになる」。今月11日に和歌山市内で行われた第10回国内観光活性化フォーラムのパネルディスカッションで出された将来展望。確かに国内にはたくさんの観光資源がある。富士山も世界遺産になったし、和食も登録される見通し。和歌山では高野・熊野がそうで、さらに世界遺産に限らずとも各地をみればいろいろ魅力的なスポットがあり、世界から観光客を呼べる資源と可能性がいっぱいある。あとはいかにPRするか、地域資源を磨いてより一層魅力あるものにするか、受け入れ、おもてなしの態勢をどう整えるかである。
 そんな観光は旅行業者に限らず、飲食、土産、宿泊、交通などさまざまな業種に恩恵をもたらしてくれる産業でもあり、今後新しい関連ビジネスが生まれてくるかもしれない。例えば名所の歴史解説を行う語り部。御坊市内ではいまほぼボランティア的に引き受けているが、語り部自身のスキルアップも図りながら受付窓口の開設や料金設定をすれば、ビジネスになるのではないかと思う。
 話をフォーラムに戻すと、観光が持つ別の意義にも言及していた。それは「観光は平和産業」ということ。戦争がなく平和であるからこそ観光が成り立つわけで、さらに国家間で観光客が行き来するようになれば、両国の友好促進にもつながる。日本と中国、韓国との難しい関係も、観光が突破口になるかもしれない。いずれにしても観光がいろんな面で大きな可能性を秘めていることは間違いない。日高地方にも磨けば光る資源がごろごろしていると言われており、地域活性化へ大いに有効活用を期待している。(吉)

関連記事

フォトニュース

  1. この生命力にあやかりたい

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る