現役選手の野球教室も

 プロ野球パ・リーグ、オリックス・バファローズ主催の少年少女野球教室が去る2日に御坊小学校体育館で開かれた。講師は御坊市出身、日高高校OBで、オリックスでは中継ぎ、抑え投手として新人王を獲得するなど大活躍した大久保勝信さん(37)、日本タイの4打席連続本塁打記録を持つ羽田耕一さん(60)ら8人が担当。地元の小学生球児ら約120人が指導を受け、目を輝かせて練習に打ち込んでいたのが印象的だった。
 小学生のころプロ野球史上唯一の400勝投手、金田正一さんらが講師を務める野球教室に参加したことがある。当時感じたことはとにかく体が大きい。それにスイングや投球など一つ一つの動きの迫力。「プロの一流選手はすごいな」と圧倒された。そんな元プロ野球選手からのアドバイスは技術的に今後の参考になるというのはもちろんのことだが、何よりもあすからの練習をやる気にさせてくれた。30年ほどたっても当時の記憶がはっきりとあるぐらいだから、OBとはいえプロ野球選手からの直接指導はかなりの効果があったのは確かだ。
 野球王国和歌山、とくに学童野球が盛んな日高地方にいると分かりづらいが、国内の子どもの競技人口ではすでにサッカーの方が上といわれるほどで、野球の競技熱衰退が心配。高校野球の甲子園人気にあぐらをかいていてはこの傾向に歯止めをかけられないだろう。OBにコーチしてもらえるだけでも子どもたちは大喜びする。教室は有意義だ。ならば、現役選手が来てくれれば子どもたちの目の輝きはもっと増すはず。人気球団のトップ選手ももっと地方に出向き、夢を与える機会をどんどん提供してもらいたいと思う。     (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. ちょっと遅くなりましたが

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る