バレンタインに花束を

 きょう14日はバレンタインデー。269年、ローマ皇帝の迫害下で殉教した聖ウァレンティヌス(テルニのバレンタイン)に由来する記念日。日本では「女性から男性へチョコレートを贈る日」として定着しているが、欧米では男性も女性も花やカードを、恋人や親しい人に贈ったりするという。バレンタインデーのお返しをするホワイトデーは日本で考案された日で、欧米にはない。韓国では4月14日にバレンタインデーやホワイトデーに縁がなかった男女が、黒いものを飲食する「ブラックデー」があるという。
 日本の方式がいつから始まったのかは定かでないらしく、1936年にモロゾフが広告を出したとか、1960年に森永製菓が新聞広告を出したなど。いずれにしてもしばらくは定着しなかったようで、普及しだしたのは1970年代になってからだという。
 そんなバレンタインデーに「男性から女性に花を贈ろう」と、印南町の花き連合会とJAみなべいなみ花き部会が取り組みを進めている。男性が花を贈るのは欧米や中国、台湾などで行われており、日本でも全国の花き生産者らを中心に普及活動が行われている。去る11日には高速道路印南SA(サービスエリア)でPR活動を行い、白浜やみなべ帰りの観光客らに地元の花で作った花束を無料配布し好評だった。全国的にもこの活動は始まって間もない。バレンタインデー本家のチョコレートも普及には10年以上かかったように、世間に広がるにはまだまだ長い年月がかかるだろうが、いつか「バレンタインデーには男性から女性へ花束を」などと言われる日がくるかもしれない。
(城)

関連記事

フォトニュース

  1. 渓流の女王 アマゴ解禁

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る