広くなったハス池見にきて!

 御坊市塩屋町北塩屋区環境保全の会(木村三樹夫会長)は、地元で舞妃蓮が植えられている「中山のハス池」を、ほぼ2倍の面積の550平方㍍に拡張した。ハス池は整備されて6年目で、毎年6、7月に美しい大輪の花を咲かせる人気スポットだが、今回の面積拡張で国内屈指の規模となり、観光名所としてさらに定着していきそうだ。
 中山のハス池は休耕田を有効活用するとともに、御坊生まれの舞妃蓮をPRする場所にしようと中山団地近くに整備。舞妃蓮を作り出した故阪本祐二さん(元日高高校教諭)の長男尚生さん(印南中学校教諭)の協力で分根され、最初は試行錯誤しながらも3年目ぐらいから花を咲かせるようになってきた。昨年のシーズン中は淡いピンク色の大輪が約300本も咲き乱れるほどで、フォトコンテストも行うなどで愛好家はもちろんアマチュアカメラマンも多数訪れた。
 そんなハス池をさらにグレードアップさせようと、今回隣接する休耕田を整備して面積を拡張。長さ10㍍あった既設の桟橋もさらに10㍍延長した。去る9日には地元有志が協力して周辺の木々を伐採し、桟橋の防腐塗装も行った。拡張した場所には来月下旬にも分根する予定。ことしはまだ早いが、来年のシーズンには全体的に根が広がって素晴らしい景観が期待される。阪本さんは「面積を広げることで、日本一、いや世界一といっていいほど素晴らしいハス池になると思う」と楽しみにしている。
 舞妃蓮はアメリカの黄花ハス「王子蓮」と日本の「大賀蓮」との交雑種。昭和43年には蓮根が皇太子ご夫妻に献上され、花の開閉があたかも女性の舞い姿のようであることから、当時の美智子妃殿下のイメージも重ねて名前が付けられたという経緯がある。
 BSジャパンは、3月3日午後7時から「皇室の窓スペシャル~天皇ご一家と花」を放送する。皇室の公務や普段の生活を紹介する番組で、ゆかりの舞妃蓮が紹介される。

関連記事

フォトニュース

  1. 傘差しや並進はせんといてね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る