県立医大が新たな脊髄画像診断方法を開発

 県立医科大学(板倉徹学長)は13日、脊髄疾患の画像診断に画期的な進歩をもたらす新たなMRI画像処理技術と診断方法を開発したと発表した。
 磁気と電波を利用して脳や脊髄の断面を画像化するMRI検査データを応用。脊髄は細長く、周囲を骨に囲まれているため病変の状態を調べる検査はMRIを使うしかないが、脳とは違い、目に見えないほどの小さな病変が重い症状となる脊髄疾患では、画像の精度が足りない。
 脳のMRI研究では、患者の体格や脂肪量などの個人差、ミエリン(神経細胞の軸を取り囲む物質)の量などから処理される2種類の強調画像(信号強度)の比をとることで、大脳皮質ミエリン量の差を画像化することが可能になるというアイデアが発表された。県立医科大はこれに着目し、整形外科、神経内科、生理学第一の3教室が共同研究に取り組み、2つの強調画像を対比させる新たな画像処理方法を開発。これにより、画像のコントラストが従来の2倍となり、病変の大きさや位置がより鮮明に分かるようになった。また、これまで相対的だった信号強度の個人差も減少するため、同様の方法で得た正常な人の脊髄画像データと比較することで、数値的な判断による診断、治療計画、予後判定が可能になるという。
 今後の臨床応用の見通しについて、整形外科の吉田宗人教授は「MRIの画像上、神経の圧迫が見つかっても、本当にそこが悪いのかどうかは分からなかったが、この方法で悪い部位を的確にとらえることができ、われわれが得意とする内視鏡手術と組み合わせることで、より患者の体に負担の少ない治療が可能になる」、神経内科の伊東秀文教授は「ALS(難病の筋萎縮性側索硬化症)の診断に役立つ可能性があり、現在、検討を進めている」と話した。

関連記事

フォトニュース

  1. 山も車両も気をつけましょう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る