右折が危険な交差点

 筆者は、自動車運転で大きな事故を経験していないが、そんな中でも自動車同士の衝突事故が2回。うち一つが紀陽銀行御坊駅前支店の前の三差路。10年以上前であるが、筆者は花ご坊方面から三差路に差し掛かったところで、天理教方面へ右折しようと一旦停止。左右確認をしたつもりで三差路に入ったところ、天理教方面から駅方面に向かう直進車とガシャン。幸い、筆者も相手のドライバーにもけがはなかったがヒヤリとした。ほぼ毎日この三差路を通るが、事故以来、天理教方面へ右折しないようにしている。天理教方面からの直進車と川辺方面から花ご坊方面への右折車が優先で、天理教方面へ右折しづらく、他のドライバーもひと苦労。交通量も多く右折できず混雑していることもたびたびあり、最前列の車のドライバーはプレッシャーと焦りを感じているようだ。
 御坊署は、25年中の交通事故多発交差点ランキングを発表した。ワースト1位は御坊市のオークワロマンシティ前の国道42号「財部交差点」で、人身と物損合わせて16件。筆者が事故をした御坊駅周辺もワースト7位とやはり事故が多い。
 筆者もロマンシティ前は特に注意を払っているが、花ご坊前の交差点も危険と感じる。御坊駅前と同じワースト7位。交差点がいびつなことから美浜町方面から市役所方面への右折が難点。右折車は、直進する対向車の通過待ちで後続車の進路をふさがざるをえず、だからと言って右折車が交差点へ進入すると対向車ともども危険。改善できないものかといつも思う。人それぞれ生活環境によって違うが、筆者が常々危険と感じるのはこの3地点。注意と啓発の意味で感じたままを書かせていただいたが、皆さんも本当に気を付けていただきたい。  (昌)

関連記事

フォトニュース

  1. クリスマスまで点灯します

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る