梅林での休日はいかが

 みなべ町では、梅が本格的な開花時期を迎えた。2月初めに雨が降り、その後に暖かい日が数日続いたのが開花を早めた要因だろう。平野部では満開近い園地もあり、遠目に眺めると、薄いピンク色のじゅうたんが敷かれたようにも見える。まだまだ寒い日が続いているが、眺めは早春。町内を車で走っていても、車内まで梅の香りが漂ってきそうな雰囲気。日本一の梅の里でしか味わえない光景だ。
 南部梅林と岩代大梅林も観梅客でにぎわい始めている。何度か家族サービスで梅林を訪れたこともあるが、ポカポカ陽気の日に行くと気持ちがいい。一面に梅の花が広がる園内でのんびりと過ごすこともできるし、付近の売店で地元の農家らがつくった漬物などを買うのも楽しい。さらに入園料金が200円や250円で、家族で出かけても低料金で済むのも魅力の1つだ。
 11日の建国記念の日には充実したイベントが展開され、南部梅林では梅酒コレクション(無料試飲会)、梅料理キャンペーン、梅茶サービス、もち投げ。岩代大梅林では輪投げやダーツなどを楽しむ「縁日」、由良町出身の歌手藪下将人さんのライブが催される。無料のイベントも多く、入場料金を払っても元を取ることができるかもしれない。
 「梅一輪一輪ほどの暖かさ」。この句を詠んだのは江戸時代前期の俳諧師、服部嵐雪。インターネットで意味を調べると、「梅が一輪咲き、それを見るとわずかではあるが、一輪ほどの暖かさが感じられる」と書かれている。梅林の花は嵐雪が言う1輪だけでない。満開に近いほどの花が咲き誇っている。足を運ぶと、身も心も春の暖かさを感じることができるだろう。(雄)

関連記事

フォトニュース

  1. こうやって来てくれたら助かるわ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る