発想力で新たな交流

 子どものころ大好きだったテレビアニメの一つが一休さんだった。とんちが利いて、子どもながらに「なるほど」と気分が晴れ晴れしたのをいまでもよく覚えている。その一休さんに欠かせないお殿様が室町幕府三代将軍足利義満で、京都の金閣寺の主であると知ったのは、ずいぶん後になってからだ。金閣寺と対照的に、簡素や質素という言葉に代表される東山文化の発祥の地といわれるのが銀閣寺だと、歴史に無知な筆者は恥ずかしながらいまさらになって初めて知った。正直、これまで銀閣寺について知ろうと思ったことはなかったが、縁というのはありがたいもので少しでも身近に感じ、もっと知りたいと思うようになる。
 銀閣寺の境内などに飾られる生け花を管理する花方教授の珠寶さんが、みなべ町の須賀神社で生け花を実演する催しが7日に行われた。冷え込み厳しい境内、静寂の中で梅や椿などを切り削る音だけが響く中、思いを込めて花瓶に生けていく様は、生け花に素人であり、さらに原稿の締め切り時間が迫っている身であってももう少し見ていたいと思った。生け花のことをとやかくいえる知識はないが、とにかく銀閣寺を身近に感じたひとときであった。
 今回の実演を実現させたのは、人のつながりと、提案したみなべ町農業振興協議会の会長の発想の柔らかさ、そして行動力だろう。直接町の活性化になったわけではないだろうが、新しい交流がいま始まろうとしているのは大きな意義がある。銀閣寺を知るきっかけ、みなべ町を知ってもらう機会となったのは間違いない。文化交流は息が長いほど深まる。これからどんどん発展してくれることを願う。(片)

関連記事

フォトニュース

  1. みんなで歩くと楽しいね

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る