みなべの須賀神社で梅の文化交流会

 みなべ町西本庄の須賀神社で7日、町主催、町農業振興協議会(月向雅彦会長)実施主体の「梅の力 みなべ町と銀閣寺」が開催され、京都・銀閣寺の花方教授、珠寶(しゅほう)さんが生け花を実演。みなべ町の南高梅と銀閣寺の紅梅が一つの花瓶に生けられ、見事な生け花が完成した。月向会長は「みなべ町と銀閣寺の交流の象徴のよう」と笑顔があふれ、今後も文化交流を続けていく決意を新たにした。
 境内の拝殿前に畳を敷いて特設会場を用意。珠寶さんがそこに上がって生け始めると清らかな雰囲気が漂い、静寂の中、集まった住民約40人は寒さも忘れるほど集中して見入った。今回用意された花は、銀閣寺から持参した紅梅のほか、前日にみなべ町入りした珠寶さんが月向さんの案内で町内を巡った時に気に入った南高梅やツバキ、松など。まず、高さ約1㍍の枝ぶりの見事な南高梅を中心に生け、周りには紅梅やツバキなどをあしらっていった。約30分で、春を感じさせる作品が完成。珠寶さんはマイクを手に、「雪が降る厳しい寒さの中でも花を咲かせる梅は、見る人に希望を与えてくれる。みなべ町の梅と銀閣寺の梅を一つの花瓶に合わせることができ、大変気持ちよく生けられた。月向さんにお声をかけていただき、こうしてみなべ町で生け花の実演ができたことをありがたく思っています」と、人との縁の素晴らしさを語った。月向会長は「みなべ町の南高梅と銀閣寺の紅梅が一つに生けられたことは非常に意義深い。人や梅が縁でつながったこの銀閣寺との文化交流を、これからもぜひ大切にして続けていきたいと思います」と話していた。
 今回の交流は、農業振興協議会が昨年開催した研修会に、珠寶さんの奉仕方を務める立岩視康さん(34)=上富田町=を講師に招いたのがきっかけで実現した。

関連記事

フォトニュース

  1. めっちゃ甘いですやん

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 南部梅林

    2月 1 @ 12:00 AM - 3月 1 @ 12:00 AM
  2. ごぼうまちゼミ

    2月 8 @ 12:00 AM - 3月 15 @ 12:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る