アベノミクスに春はくるか

 暦の上では春といいつつ、1年で最も寒い季節。人が集まる場所ではインフル予防にマスク姿の人が目立ち、試験を控えた受験生とその家族はとくに気になる毎日だが、三寒四温で少しずつ春に向かうこれから、消費税アップを控えた国内景気も暖かいのか寒いのか。
 東京株式市場は今月に入り、4日連続で日経平均株価が下落した。4日の終値は前日比610円66銭安の1万4008円47銭。ニューヨークダウ平均の下落を受け、中国経済の先行き不安とFRBの量的緩和縮小決定、さらに新興国の通貨安などから投資家心理が弱気に傾き、日本市場の売りが加速しているという。
 アベノミクスの波に乗ろうと、株を始めた友人はスマホで刻々と変動する株価を見ながら、このところの急落にがっくり。4日夜、仕事終わりにドキドキしながら開いた画面は、数字の色が下落を示す緑一色で、つい1週間前の含み益は一気にマイナスに転じた。
 読売新聞は5日の朝刊で株価急落の記事より大きく、トヨタの2014年3月期連結決算の営業利益が最高の2兆4000億円となり、パナソニックとシャープも業績が回復したとの記事を掲載した。一方、朝日新聞をみると、同じ日の1面トップは株価の急落。世界同時株安のなか、日本の株安は突出しており、アベノミクスの円安・株高にブレーキがかかり、景気を冷やす恐れも出てきたという。
 靖国参拝、尖閣・竹島、いわゆる従軍慰安婦など歴史認識と思想に絡む外交問題も、新聞はそれぞれのスタンスで主張をぶつけ合う。これも安倍政権発足後の顕著な変化。経済も含め、賛否渦巻く世の流れは、寒暖を繰り返すいまの気候のように、春の暖かさの前兆であればよいのだが。    (静)

関連記事

フォトニュース

  1. おにぎりはやっぱり梅!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る