みなべの野菜研究会 紅梅PR活動を展開

 みなべ町野菜研究会(山本康雄会長)は、観賞用の紅梅を町内で広めていこうと「紅(あか)るいみなべ」と銘打った取り組みを展開している。会員が栽培した苗木を各家庭に配布したり南部梅林などに提供しており、同会では「赤い花をつける梅が白い梅の中にあると、とてもきれいな眺めになる。紅白の梅で、訪れた人をおもてなししたい」と話している。
 紅梅を町内に普及させる取り組みは、数年前に会員から「観梅時期に、一面の白い花の中に紅梅があれば、どちらのきれいさも引き立ってもっと美しく見える」という声があったのがきっかけ。以後、西本庄地内の会員の畑(約100平方㍍)で「薩摩紅」という品種の紅梅の苗づくりを接ぎ木で始め、南部梅林(晩稲)などに提供している。昨年から一般の農家などにも提供し、2、3年生の苗45本を希望者に無償で配布した。ことしも町内の住民に苗20~30本を提供する。山本会長は「苗の数に限りはありますが、活動の趣旨に賛同していただける方に植えてもらいたい。果実はほとんどできませんが、南高梅の交配樹としては有効です。きれいな梅の花で観梅客をおもてなししたい」と話している。詳しい問い合わせは事務局のうめ課℡0739‐74-3276。
 同研究会は町内の梅農家などで結成。環境に優しい有機栽培などに取り組んでいる。子どもたちの食育にも力を入れ、有機栽培で育てたイモを地元の園児たちに収穫してもらう活動も行っている。

関連記事

フォトニュース

  1. ええ感じになってきました

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る