日本の農業変える植物工場

 本日付1面にも掲載しているが、大阪府堺市にある植物工場研究センターでの取り組みは、将来の日本の農業を大きく変える可能性を持っていると感じた。記事で書ききれなかったことを少し紹介すると、植物工場で栽培された野菜は無農薬、低細菌のため、近年の食の安全性の観点からも需要が期待できる。ちなみに、センターでは葉野菜の栽培研究を行っているが、理論上はどんな野菜でも栽培できるらしい。さらに、栽培工程が機械化されて省力化が図られているため、高齢者や障害者らの雇用など、福祉面での活用の研究も行われており、注目されている。
 とはいうものの、やはり実用化にはコスト削減が課題で、電気代の圧縮が一番手っ取り早いそうだ。センターの説明によると、メーンで使用している蛍光灯では、熱を発するため、熱障害を起こさないよう蛍光灯と植物との距離を一定離さなければならず、その分、栽培棚の間隔が広くなる。これが熱がほとんどないLEDだと植物に近付けても大丈夫で、栽培棚の間隔も狭くできる。つまり、LEDの省エネでコスト削減が図れ、同じ植物工場の面積でも多くの栽培が可能ということで、この辺が今後商業ベースに乗るかどうかのポイントとなりそう。
 ただ、植物工場の登場は、確かに昔から露地で栽培してきた農家にとっては脅威となるかもしれない。しかし、ものは考えようで、農地を活用して植物工場を建設する新しい道が開けるかもしれない。さらに、植物工場に関連するLED製造メーカーはじめ各種設備関連会社にとっても販路拡大、新たなビジネスチャンスが待っているかもしれない。興味のある人はぜひ一度勉強してみてはいかがだろうか。  (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 梅はとっても体にいいんだよ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る