学校防災アドバイザー 日高川町で研修

 学校の防災教育、防災管理の充実を図ろうと日高川町農改センターで3日、学校防災教育研修会が開かれた。専門家を学校に派遣し防災に対する取り組みについて指導、助言する「学校防災アドバイザー活用事業」の一環。事業のモデルとなった3つの小学校と地域の取り組みを通じ、アドバイザーの県職員、西畑徹さんから「教職員が教え込むのではなく、子どもたち自身に考えさせよう」「自分の命は自分で守るという意識を徹底させよう」などのアドバイスが送られた。
 防災アドバイザー活用事業は、国の実践的防災教育総合支援事業(県内6市町で実施)の取り組みの一つで、日高川町では本年度、中津小学校、川辺西小学校、小熊区をモデルに実施した。いずれも4回の実践委員会で防災への取り組みについて西畑さんから指導、助言など受け、今後の課題など検討してきた。
 この日の研修会は、これまでの取り組みを発表、アドバイザーから総括的な提言を受ける場で、学校や地域、町・警察・消防など防災機関の関係者ら約50人が参加。中津、川辺西の両小学校は減災訓練や火災避難訓練、救急救命講習など取り組みを発表し、課題として一人で避難できる児童の育成、地域との連携、授業時間外の避難訓練の仕方など挙げ、川辺西小の校区の小熊区も子どもを守る観点から昼間の人口の少なさを課題とした。これらの取り組み、課題に対し西畑さんが提言。学校の訓練について「地震の揺れが収まったなどの不自然なアナウンスは不要。子どもたち自身で考えさせよう」「地震発生の情報から到達するまでの30秒間をどう活用するか実際にやらせてみよう」「教師の指示なしでも自分たちの判断で行動できるように事前・事後の学習が大切」と強調。洪水警報などが発令されると学校が休校や自宅待機となるケースが多いことから、「校区一斉の家族単位での避難訓練も必要。自分たちで作る避難訓練が大事」と提案した。連携面については「地域、学校、町で強い信頼関係を築いておこう」と訴えた。最後に「子どもたち自身に自分の命は自分で守るという意識を徹底させ、行動する力をつけさせよう。学校、地域、町、警察、消防みんなが協力して子どもたちを守ろう」と呼びかけた。
 今後も中津、川辺西の両小学校と小熊区はモデルとして事業を展開。意見や提言を参考にし防災教育に取り組んでいく。町ではモデルを増やしていく考えで、さらにこれらの取り組みを町の防災事業、防災対策にも反映させていく。

関連記事

フォトニュース

  1. みんなで歩くと楽しいね

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る