日本の新エネ技術者に期待

 県が1月末、串本町潮岬沖でメタンハイドレートの調査を行い、存在の目印となるメタンガスの気泡の密集帯「メタンプルーム」の兆候が確認された。メタンハイドレートは石油や天然ガスに代わる次世代エネルギーとして注目されており、県内で多く見つかればエネルギー供給基地として産業が発展し、雇用の創出、地域活性につながっていく可能性があり、期待されている。
 そんな日本周辺海域で多く確認されているメタンハイドレートだが、回収に向けた取り組みはどうなっているのか。先日、「和高専・次世代テクノサロン」で、メタンハイドレートについて最先端で進めている独立行政法人海洋研究開発機構の海底資源研究プロジェクトリーダーの木川栄一さんから回収方法などを聴いた。
 まずメタンハイドレートとは、メタンガスと水がくっついてできるドライアイスのような物。地上では作ることが難しいが、海底では容易に生成される。回収にはメタンハイドレートをそのまま取り出すのでなく、海中で水とメタンガスに分離させて取り出す方法が主流のようだ。熱湯で温度を上げたり、圧力を下げるなど、木川さんはこれまでの回収の試みを紹介した。講演で印象的だったのが、「1番」へのこだわり。海底掘削でもワールドレコードを意識していたり、有人潜水調査船の潜水能力でも中国がもつ記録の更新へ意気込みを見せていた。
 メタンハイドレートの商業化はまだ先になるが、実現すれば日本が資源大国になることも不可能ではない。今回の講演で日本の技術者の熱意と自信、高い意識を感じることができ、近い将来の新エネルギーの誕生へさらに期待が高まった。  (城)

関連記事

フォトニュース

  1. ありがとうございます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る