泉大津市長が日高川町訪問

 日高川町の友好都市、泉大津市の伊藤晴彦市長が31日、同町を訪問した。ことし4月1日から同町の公的施設の指定管理者となる㈱本家さぬきや(平野誠代表取締役社長)=本社泉大津市=の平野譲会長が案内。両市町は約20年前から子どもたちの事業を中心に交流しており、伊藤市長は、キャンプや大学生の合宿など思い描いている今後の交流構想を話して「夢が膨らみます。青少年の健全育成へ一層連携を深めていきたい」と意欲を見せた。
 日高川町と泉大津市は平成7年から子どもたちの事業を中心に交流がスタート。以来毎年、両市町の子どもたちが交互に相手のまちを訪れる「ふるさと再発見ツアー」を実施。両市町の子どもたちが一緒になって田舎体験や大阪観光など楽しんでいるほか、物産展にも出店するなどで交流。平成14年に友好都市提携を結んでいる。
 この日、市とさぬきや関係者6人が訪問。市木久雄町長は、「3年前の台風12号豪雨の際には大きな支援をいただき、本当にありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします」とあいさつ。伊藤市長は、「日高川町は本当にいい施設を持っておられる。子どもたちの健全育成、連携している大学の活動に施設を利用させていただきたい。より一層の交流へさまざまな面で協力をお願いします」と述べた。市木町長が観光施設を紹介するなど和やかな雰囲気で歓談が進む中、伊藤市長は「春、夏年間2回行っている子どもたちのキャンプを日高川町でお願いしたい」と依頼、さらに「大学生のクラブの合宿でも同町を利用できるようにしたい。夢が膨らみますね」と笑顔で話した。伊藤市長は、天体に詳しいことから、かわべ天文公園に興味津々で、冬の星座について紹介し、「日高川町の夜空はきれいなんでしょうね」などと話すと、市木町長は「特に冬がきれいです。おととしには星空の街・あおぞらの街全国大会が開催されたんです」と天体談義に花を咲かせた。
 ことし4月から町内の公的施設の指定管理者となるさぬきやの平野会長は「任せていただく施設の運営に会社を挙げて全力で取り組んでいきます」と意欲を見せた。このあとさぬきやが指定管理者となる施設を訪問した。

関連記事

フォトニュース

  1. 日ノ岬に色づく2500本の桜

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る