成功の鍵はあきらめず努力

 万能細胞を容易に作製することに成功した理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(神戸市)の小保方(おぼかた)晴子ユニットリーダー(30)らの研究が、世界から注目されている。一時的に細胞を酸性溶液に浸してストレスを与えると、細胞が初期化されるという。「STAP細胞」と名付けられ、例えると成長した細胞が赤ちゃん細胞になるような現象が起こるという。ノーベル賞を受賞した山中伸弥・京都大学教授のiPS細胞よりも簡単に製作できることなどがメリット。ヒトで応用ができれば、再生医療に大きな期待ができる。
 2年前の国際学力調査の結果は、数学でみると1位が上海、2位がシンガポール、3位が香港で、日本は7位。科学では1位が上海で2位が香港、3位がシンガポール、日本は4位という順。日本は上位に位置しているものの上海などには劣る。これだけを考えると、科学分野などでの発見は中国などに劣るではないかとも思えるが、ノーベル賞の受賞は圧倒的に日本人が多い。大発見には優れた頭脳だけではなく、努力や根気、協調性など人間性も大きな要因となる。そういう部分では日本が他よりも優れているのだろう。
 小保方さんは、「何度も実験をやめようと思った。『間違い』と言われて夜通し泣いたこともあった。しかし、あと一日だけ頑張ろうと続けていると、いつの間にか今日に至った」と振り返った。
 筆者のような凡人は、何度生まれ変わっても到底こんな大発見をすることはできない。しかし、あきらめないで努力するということを繰り返していれば、自分にとっての大きな成功や発見につながることだろう。   (雄)

関連記事

フォトニュース

  1. 最後まで諦めない!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る