3月5日 田辺市で良縁親の会フォーラム

 結婚相手がなかなか見つからないわが子に代わり、親同士が「お見合い」をして子どものパートナーを探す結婚支援フォーラムが3月5日、田辺市文里のガーデンホテルハナヨで開かれる。これまで全国各地で同じイベントを開催している結婚支援団体、一般社団法人良縁親の会(本部・京都市)が主催し、紀南地方では初めて。50歳ぐらいまでの独身の子を持つ親を対象に、27日まで申し込みを受け付けている。
 良縁親の会は、子どもが独身であれば年齢を問わず参加OK。子どもの職業や学歴、趣味、資格、結婚歴、相手の条件などを記した申し込み書を送付すると、後日、住所と氏名以外が記された参加者名簿が届き、事前に当日の交歓相手を検討できる。フォーラム当日は子どもの身上書、1年以内に撮影した写真を持参し、事前に想定していた相手の親と交流。意気投合すれば持参した身上書と写真を交換して持ち帰り、本人同士が気に入れば後日、お見合いとなる。
 同会の親同士のお見合いフォーラムは平成17年に京都で初めて開かれ、3年前からは各都市の経営者協会が後援するようになり、これまで関西を中心に東京、名古屋、九州などで計166回、延べ1万3424人が参加。成婚数は参加者に報告義務を課していないため記録はないが、多くの礼状が届いており、脇坂章司代表理事は「いまや社会問題となりつつある生涯未婚率の上昇を少しでも軽減できる社会貢献活動の1つとして、世の中に必要な仕事だと実感しています」という。
 和歌山県内では平成21年から昨年まで4回、いずれも和歌山市内のホテルで開かれ、今回は初めて紀南地方での開催となる。フォーラムは午後1時から。募集定員は80人。参加登録費は1人1万円(夫婦で参加の場合は2万円)。申し込み受け付けは27日(定員になりしだい締め切る)まで。詳しい問い合わせは良縁親の会℡075―213―0506。

関連記事

フォトニュース

  1. 日高の魅力が満載

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る