33年目の寒行、もっと長く

毎年恒例の寒行を行っている日高川町玄子、円通寺の豊嶋英雄住職(59)は、きょう2日に修行を終える。
 毎年寒の入りの1月5日(6日の年もある)から2月2日までひたすら念仏を唱えながら川辺地区を中心に巡る。雨や雪など悪天候でも休むことはない。そんな住職に出会った町民は手を合わせ、「頑張って」などと声をかける。とある寺では寄り合い中の檀家らが駆けつけ、浄財を預けてくれたという。檀家の垣根などなくとても温かい。毎年さまざまな人に出会うが、住職は「現在の日本人に薄れがちと思われている信心深い気持ちをひしひしと感じる」と話す。
 毎年、住職の修行を記事にしているが、取材をやり始めたのは5年前から。ことしは1月25日付に〝32年目〟と掲載した。筆者の母方の実家が玄子にあり円通寺の檀家のため、住職とは以前から知り合いで、公私ともお世話になっている。とても博識で温和な方だが、今回、ユニークな一面も垣間見た。掲載後、住職と電話で話す機会があり、「修行は28歳の時から始められたのですね」と計算してあらためて聞くと、「32年目やで。27歳から」と返答。筆者は首を傾げた。しばらくすると、「今までずっと1年数え間違えてたんか。33年目か。すまん。わっはっは」と住職。毎日凍てつくような寒さの中巡り、風雨で濡れネズミのようになるなどそんな厳しい修行にも関わらず、あっけらかんと話す住職にあっけに取られた。「終わりが近づくにつれて、もっと長く修行を続けたい、お念仏を唱えていたいという気持ちになる」という修行もきょう1日。無事に終え、修行中は一滴たりとも飲まなかった大好きなお酒で修行の疲れを十分に癒やしてほしいと思う。        (昌)

関連記事

フォトニュース

  1. ご協力お願いしま~す

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る