ドクターヘリが運航10周年

 県立医大は、平成15年1月に導入したドクターヘリの10年間の運航状況をまとめ、このほど報告会を開いた。総数は3532件で、およそ一日1件の割合で出動しており、有効活用されていることをうかがわせている。医師がヘリに乗り込んで現場で処置を施し、県立医大などに搬送して高度救命が受けられる取り組みは、日高地方を含めとくに山間部で威力を発揮しており、救命率アップに役立っている。
 出動件数は初年度は235件にとどまったが、2年目からは毎年300件を超え、23年は最も多い416件を記録した。診療人数の総数は3475人で、内訳は消防からの要請で現場出動して搬送したのが2572人、病院から別の病院への搬送が903人。現場搬送2572人のうち交通事故など外因が1784人、病気など内因が788人。外因では外傷が1564人で最多、以下溺水58人、熱傷と中毒48人ずつと続いている。内因では中枢神経疾患が444人でトップ、心血管疾患177人、消化器疾患43人などとなっている。新生児や母体搬送も120人あった。要請消防別では那賀消防が361件で1位、有田川町消防が349件で2位と、救急到着から病院への搬送に時間がかかる山間部をかかえる消防が多かった。日高広域消防は152件、御坊市消防は52件となっている。
 現場から県立医大に搬送した1947例のうち軽症だったのは263例で全体の14%。1684例が中等症以上で、このうち転院したのが759人で全体の45%、退院が668人で40%おり、85%の救命率。死亡は233人で14%だった。
 このほか県内だけでなく奈良や三重県にも出動実績があるなど救急医療の充実に大きく貢献している一方、日没や天候不良でヘリ運航が不可能で要請に応じられなかった件数も毎年60件程度あった。
 県立医大医事課では「医師がいち早く適切な処置を施すことで、救命はもちろん後遺症の軽減が図られ、退院後の社会復帰率も高まっていると感じている。これからも消防など関係機関と連携し、地域の救命医療の充実に役立てていきたい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 皆さんの声をお寄せください

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る