ドクターヘリが運航10周年

 県立医大は、平成15年1月に導入したドクターヘリの10年間の運航状況をまとめ、このほど報告会を開いた。総数は3532件で、およそ一日1件の割合で出動しており、有効活用されていることをうかがわせている。医師がヘリに乗り込んで現場で処置を施し、県立医大などに搬送して高度救命が受けられる取り組みは、日高地方を含めとくに山間部で威力を発揮しており、救命率アップに役立っている。
 出動件数は初年度は235件にとどまったが、2年目からは毎年300件を超え、23年は最も多い416件を記録した。診療人数の総数は3475人で、内訳は消防からの要請で現場出動して搬送したのが2572人、病院から別の病院への搬送が903人。現場搬送2572人のうち交通事故など外因が1784人、病気など内因が788人。外因では外傷が1564人で最多、以下溺水58人、熱傷と中毒48人ずつと続いている。内因では中枢神経疾患が444人でトップ、心血管疾患177人、消化器疾患43人などとなっている。新生児や母体搬送も120人あった。要請消防別では那賀消防が361件で1位、有田川町消防が349件で2位と、救急到着から病院への搬送に時間がかかる山間部をかかえる消防が多かった。日高広域消防は152件、御坊市消防は52件となっている。
 現場から県立医大に搬送した1947例のうち軽症だったのは263例で全体の14%。1684例が中等症以上で、このうち転院したのが759人で全体の45%、退院が668人で40%おり、85%の救命率。死亡は233人で14%だった。
 このほか県内だけでなく奈良や三重県にも出動実績があるなど救急医療の充実に大きく貢献している一方、日没や天候不良でヘリ運航が不可能で要請に応じられなかった件数も毎年60件程度あった。
 県立医大医事課では「医師がいち早く適切な処置を施すことで、救命はもちろん後遺症の軽減が図られ、退院後の社会復帰率も高まっていると感じている。これからも消防など関係機関と連携し、地域の救命医療の充実に役立てていきたい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 南部高の調理実習室で

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る