この一球は絶対無二の一球なり

 「この一球は絶対無二の一球なり されば身心を挙げて一打すべし」――。先日、日高川交流センターで開かれた日高地方子ども暗唱大会(御坊ライオンズクラブ主催)の中学生群読の部で優秀賞を受賞した、御坊中2年生の3人が暗唱した言葉の一節だ。
 取材のあと、記事を書くため受賞者の発表した題材についてインターネットなどで調べる。この作業が筆者には非常に楽しい。心動かされる詩と出会ったり、知っているつもりのテーマでも調べてみると意外な背景が分かったりする。冒頭の一文の出典は福田雅之助氏の「庭球訓」。早稲田大学庭球部OBで、第1回全日本テニス選手権大会(大正11年)の優勝者だ。
 暗唱した3人はテニス部で、前半は福田氏が後輩に残した「本気な人間になれ」を発表。「君達は、フェアプレーを体得した立派なテニスプレーヤーになることだ。テニスを通じて、本気な人間になることだ。いい人間がいいテニスを生むと私は思う」などテニスを通じて自分を磨く心構えをやさしい言葉で説いた文章で、続いて「庭球訓」を暗唱した。
 「この一球は…」は、三十数年前に有名なテニスのアニメで引用されたこともあり、名言として知られる。パソコンの画面であらためて全文を読み、白球を心に打ち込まれたような新鮮な感動を覚えた。同じ球は二度と打つことができない。心して立ち向かわねばならない。茶道の「一期一会」に通じる境地である。
 日常で「身心を挙げて」物事に当たることがあるだろうか。「絶対無二の一球」に向かう心を、いつも持つことができるだろうか。中学生達の凜とまっすぐな声、小学生達の元気にあふれる声の発表は、言葉が人に与える力の凄さを教えてくれる。 (里)

関連記事

フォトニュース

  1. 御坊で会いましょう!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る