日本人力士の奮闘にあっぱれ

 初場所は横綱白鵬の優勝で幕を閉じた。初日からまったくの隙のなさで白星を重ね、本割は千秋楽に土をつけられたが、大関鶴竜との優勝決定戦はがっちり組みとめての寄り切り。圧倒的な存在感で一人横綱の務めを果たした。
 2人の横綱と大関の1人がモンゴル、関脇琴欧州はブルガリア。平幕力士も33人のうち外国人は11人もいて、土俵上のTPPは順調に国籍が増えつつあり、情けないが、日本人力士の影の薄さは否めない。ここは張本氏にならって、厳しく「喝」を入れておこう。
 そんななか、連日、満員の館内を沸かせた日本人がいた。その名は遠藤。昨年春の初土俵から史上最速、所要3場所で新入幕を果たし、出世が早すぎてまだまげが結えず、四股名もない。仕切りの際、天井に向け180度開脚するしこの美しさは相撲ファンならずとも魅了され、なによりしなやかで切れのある四つ相撲は、白鵬以来の大器を予感させる。
 昨年秋は途中休場ながら9勝、九州は故障が癒えず初の負け越しとなったが、今場所は優勝争いもあと一歩、堂々の11勝で初の敢闘賞を受賞。次の大阪では大関、横綱との対戦もあり、その強さがどこまで通用するのか、早くも春が待ちきれない。
 場所後、残念ながら御坊出身の木村山が引退を発表したが、3年ぶりの一本背負いを決めた里山、顔の怖さに磨きがかかった松鳳山、帰り入幕で見事二けたを挙げた千代鳳ら、日本人の小兵力士が「あっぱれ」な奮闘ぶりをみせてくれた。
 遠藤を筆頭に互いに切磋琢磨しながら、臥牙丸(グルジア)、魁聖(ブラジル)、碧山(ブルガリア)ら巨漢の外国人をなぎ倒し、モンゴルの両横綱も土俵にたたきつけ、相撲ファンを楽しませてもらいたい。  (静)

関連記事

フォトニュース

  1. おにぎりはやっぱり梅!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る