ふるさとわかやま学習大賞 印南の中学生が受賞

 県内の小学校、中学校、特別支援学校(小・中学部)を対象にふるさとについて調べたことを用紙にまとめる「ふるさとわかやま学習大賞」で、稲原中学校(冨山修次校長)2年生女子3人でつくる「稲原なっぱーず」が大賞を受賞した。同校では平成21年度に続き2回目の大賞。2月1日に粉河ふるさとセンターで開かれる第4回和歌山教育実践研究大会で表彰される。
 3人は清水萌恵さん、新田優香さん、夏見弥侑さん。作品は、同校の東隣にある「稲中農園」での取り組みを紹介。もみまきや田植え、稲刈り、稲はちなど米作りの流れと、とれた米を利用した取り組み、10月から1月までの冬野菜カレンダー、協力してもらった地域の人の声の4つを掲載。テーマとして地域の人とや、生徒同士の「絆」にスポットを当てており、協力してもらったさまざまな人や、作業する生徒の姿をたくさんの写真で紹介している。このほかフェルトなどを使って文字を立体的にしたり、のりで貼り付けてめくれるようにしたりするなど工夫も凝らしている。
 同校では同様に農業活動をまとめる取り組みが伝統的に行われており、3人は休みの土、日曜日も集まって製作してきた。受賞に際し「約1カ月間、3人で一生懸命頑張ってきたので少し自信はありましたが、とってもうれしいです」と笑顔いっぱい。農作業を通じて「田植えや苗植えから収穫までを体験し、農作業の達成感や収穫の喜びを感じることができました。また作業を通じて多くの地域の人や生徒みんなの絆が深まりました」と話している。
 大賞は3校あり、麻生津(おうづ)小学校(紀の川市)と貴志小学校(和歌山市)も受賞した。

関連記事

フォトニュース

  1. やにこうおいしいよ~

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る