増やさないサル対策を

 全国的にイノシシ、シカなどと同じようにニホンザルによる農作物被害が深刻化している。日高地方も例外でなく、「明日、収穫しようと思っていたのに、昨晩に全部食べられてしまった」などとよく聞く話。家庭菜園ならまだしも生業(なりわい)としている農業者らにとっては死活問題だ。筆者の家の近くの山でも柿木の上でおいしそうに実をほおばる姿が見られ、農業者でなくともサルの増加は感じているだろう。
 そういったサルなどの対策を検討している日高地域鳥獣被害対策本部の研修会がこのほどあり、日高地方の農業者らが田辺市ふるさと自然公園センターの鈴木和男さんから「ニホンザルの生態からみる対策」で聴いた。それによるとニホンザルは野生のままでは一生の出生数は多くなく、また生まれても赤ちゃんのうちに死亡する確率も高く、繁殖力は決して高くない。明治期以来の乱獲では絶滅寸前まで減り、1940年代には観察するのも難しかったという。一方で、人里の近くで農作物などをえさにしているサルは出生数が多く、死亡率も低いほか群れ自体の規模も大きくなっているという。
 即効性のある対策として、印南町を中心に導入され始めている大きな音で威嚇(いかく)する花火のような「動物駆逐用煙火」などで、サルに侵入しないようにしつけることが大切。ただ根本的な解決に向けては、個体数を増やさせないことが重要。そのためには収穫の終わった作物や不要になった作物の部位を畑に破棄せず、適切に処分し、動物にとって魅力のない耕作地を作っていくことが必要。今回の生態からみたサルの対策を聴き、あらためてその必要性を感じた。   (城)

関連記事

フォトニュース

  1. 今年で25年目です

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る