子どもの居場所はどこ?

 以前、小学校低学年児童が昔の遊びを学習するのを取材したことがある。地域の高齢者がお手玉、ビー玉遊び、リム回しなどを紹介し、その様子をいまの子どもたちに紹介するという内容だった。お年寄りらにインタビューすると、「いまのような立派なおもちゃはなく、遊び道具も自分たちでつくった。そして学校から帰ると、すぐに近所の友達と遊んだ」と懐かしそうに話していた。
 しかし、現代社会ではそうした光景はみられなくなった。近年ではゲーム機で遊ぶ子どもが増え、家に帰ると長時間にわたってゲームに夢中になるという。流行のゲームを持っていないと友達同士の会話にもついていけない、という話も聞いたことがある。
 もちろん放課後の子どもの居場所も随分と異なる。昔は近くの川や山などの自然が遊びのフィールドだったが、近年では学童保育のような子どもを預かってもらえる施設へと変化しつつある。筆者が取材を担当するみなべ町でみても、南部地区では以前から学童保育が行われ、昨年には上南部地区にも開設された。清川地区や高城地区の住民からも同様の施設を望む声もある。こうした変化は核家族化が進んだことや両親の共働き、少子化などが要因といえるだろう。
 ゲームでは、インターネット回線を通じて顔も知らない他のプレーヤーと対戦したり、一緒になって戦ったりする種類もあるらしい。この先、社会がさらに変化すると、「インターネットの中に仲のいい友達がいっぱいできた。そこが心地よい。放課後の居場所となったので、学童保育のような施設はもういらない」ということになりはしないか。    (雄)

関連記事

フォトニュース

  1. バラエティー豊かに

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る