阪神大震災の教訓を生かせ

 6434人の犠牲者を出した阪神大震災から去る17日で19年が経った。月日の流れの速さには驚くばかりだが、あの日の記憶は忘れることはない。二十歳だった筆者は、甚大な被害が出た神戸市からはかなり離れた大阪府柏原市で下宿をしていたが、あんな大きな揺れを経験したのは初めて。震度は5だったが古い木造2階建ての文化住宅の1階に住んでいたこともあって、2階が落ちてくるんじゃないかと感じた恐怖はいまでもはっきり覚えている。布団をかぶりこんで、早く揺れがおさまってくれと本気で願った。予期せぬことに直面すると、なんの行動も取れないということに気づかされた。日ごろの訓練がいかに大事かということだ。
 兵庫県内の被災した地域ではことしもさまざまな追悼式典が行われた。この中で大手新聞に報道されていたある小学校の取り組みが目に留まった。この小学校の周辺では、住民150人以上の死者が出た。追悼式典を行ってきたが、単なる儀式にしてはならないと、6年生に式を運営させるようにしたのだ。児童は家族を亡くした遺族に話を聞くなどして命の大切を理解していく。そして下級生や身近な人に語り継いでいく。震災を風化させず教訓を忘れてはいけないことを伝えるメッセージとなり、将来の減災につながるだろう。
 日高地方の海岸線に住む限り、南海地震は避けて通れない宿命。昭和21年12月に起こった昭和南海地震はいまの世代に語り継がれているだろうか。残念ながらそうとはいいがたい。各学校で児童生徒が南海地震の体験者に話を聞き、それを下級生に語り継いでいく、そんな取り組みの必要性も阪神大震災の教訓ではないだろうか。  (片)

関連記事

フォトニュース

  1. ほんまもんみたいや!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る