御坊市民教養講座 人形劇のたいらさん語る

 平成25年度第6回市民教養講座は18日、御坊市民文化会館大ホールで開かれた。本年度の最終回で、人形劇俳優・演出家のたいらじょうさんが「劇場に託す夢~総合芸術『人形劇』の魅力と可能性」をテーマに語った。
 たいらさんの本名は平常。人形の「ジョウ君」に語らせる形で自身の生い立ちを紹介した。物心ついた時には、いろんなものを人形代わりにしてアドリブで劇を見せており、「ぼくが人形劇を一生の仕事にできたのは周りの大人のおかげ。両親は人形劇用の舞台を作ってくれたし、担任の先生に『いつまでも人形を手離さず、幼児性が抜けない』と注意された時も、母は『あなたは素晴らしいことをやっているんだから、分かってくれない人のことは気にしなくていい』と励ましてくれた。やがて先生も分かってくれるようになり、5年生の担任の先生は低学年のクラスに人形劇を見せに行かせてくれた」と振り返り、子どもの個性を認めて伸ばす大人の存在の大切さを訴えた。寺山修司が美輪明宏のために書き下ろした「毛皮のマリー」、オリジナルの「ねずみの嫁入り」など多くのレパートリーからさわりの部分を実演。「劇場には、テレビにはない『ふれあい』がある。劇場へ行かなくても生きてはいけるが、ほかでは得られない栄養をくれる、『心のレストラン』。劇場に足を運んで、心をおなかいっぱいにしてほしい」と訴えた。観客を舞台に呼んでジョウ君の動かし方を伝授するコーナーもあり、人形の両手を右手で、体全体を左手で操るなど難しい動きをマスターした観客に拍手が送られた。

関連記事

フォトニュース

  1. けっこう体力使います

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る