歌舞伎新世代の仕事に期待

 先日、夕方のニュースで「スーパー歌舞伎」という言葉が耳に飛び込み、慌ててテレビの前に走った。一昨年四代目を襲名した市川猿之助が、三代目(現猿翁)の創始したスーパー歌舞伎を受け継ぎ、「スーパー歌舞伎Ⅱ(セカンド)」として新作に取り組むという。
 1999年秋、三代目市川猿之助一門御坊公演に向けて女方俳優の市川笑也さんに取材したのが歌舞伎にハマる始まりだった。7作目のスーパー歌舞伎「新・三国志」を上演中の大阪松竹座で、笑也さんは合間の1時間を本紙等の取材に充ててくれた。三代目について「大きな人。いわば歌舞伎界の外資系社長」と語り、「猿之助歌舞伎の行く末を見届けたい」と遠くを見はるかすように目を輝かせた、その姿から笑也さんのファンに、「新・三国志」と御坊公演で三代目のファンになった。2003年に三代目が倒れてから、一昨年の四代目襲名と実子香川照之の歌舞伎界入りまでずっと淋しい思いをしていた。スーパー歌舞伎が見事再生すれば、これで三代目の大きな仕事は次世代に立派に引き継がれたことになる。
 舞台芸術の成否の基準はただ一つ、観客の心をつかんだか否か。クラシックコンサートでもお笑いでもそれは変わらない。この目で舞台を観るまでは、喜ぶのはまだ早いかもしれないが、若い世代が意欲を見せてくれること自体喜ばしい。新作発表のニュースで久々に笑也さんの姿を見たのも嬉しかった。
 三代目が実質的に舞台を離れて10年。また一昨年は十八世中村勘三郎、昨年は十二世市川団十郎と巨星が相次いで世を去った歌舞伎界。新しい世代の新しい仕事がファンを勇気づけてくれることを念じつつ、上演を心待ちにしている。 (里)

関連記事

フォトニュース

  1. 御坊で会いましょう!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る